流星群がやってくる、ヤァ!ヤァ!ヤァ!(でもNZには来ない・・・)

これはテカポの夜空。

この週末、特に12日(金)の夜中から13日(土)の明け方ペルセウス流星群がやってくるようです。詳しくは下記サイトご参考。

英文記事→https://www.timeanddate.com/astronomy/meteor-shower/perseid.html

日本語記事→https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9239_ph170813

【お詫び】

てっきり世界中で観れるのかと思っていましたが、お友達のMasa君(もはやNZ情報日本語サイトの代表の一つとなった、日刊ニュージーランドライフの管理人)の的確なツッコミがありまして、NZでは観測するのがかなり難しいことが判明しました。

10日午前にこの記事をアップしたんですが、Masa君のご指摘で一旦取り下げまして、訂正・加筆を入れさせていただいた記事を再アップします。失礼しました!

(以下、修正を加えましたんで再アップいたします)

この週末は満月にも当たるので、通常の星空観測には明るすぎかと思いきや、

「史上最高に眩しい流星群!!」

という前向きな表現をしているところもありました。

しかし!!

オークランドでは、残念ながら観測できないようです。肝心な流星群の中心位置がNZからだと地平線上になるということです。いやー、めちゃ残念。

ただ、もちろん日本からは観測可能!!日本だけじゃなく、北半球に住んでいるならチャンス。もう昨日くらいから観測可能らしいのでチャンスがあれば是非観に行ってみるといかがでしょ。

 

ところこないだの5月に流星群がオークランドで観測できたんですよ。

その日は天気が良く、満点の星空だったのでベランダから撮影してみました。

ベランダから。雲一つないいい夜空だった

肝心の流星群はたしか午前3時くらいから始まる予想だったんで一度仮眠することにして、そしてなんとか3時前に起きてベランダにボーっとした目で見たら、ものすごいデカい流れ星1個が左から右に真横にながれたのを二人で観ることができました。それで一気に目が覚め、ベランダからだと一方面しか見えないのもアレだなと思い、ちょっと車で近所で観れそうなところまで行き、流星写真撮影に挑みました。

惜しくも、真ん中あたりの光は流星ではなく人工衛星。

結局最初に観たでっかい流星以降はあまり観測できませんでした。ユカは何個か観たんですが僕は撮影に夢中になりすぎ、ぜんぜん観れず。撮れたか!?と思ったらどれも人工衛星の軌道でした。

 

オークランドは大都市な割にはそこそこの星空は割と簡単に観測できますよ。

でもオークランドはちょっと郊外へでれば街灯が無く真っ暗闇になるところはすぐに出てはくるんですが、実はなかなかちょっと停車してみようということが難しいんですよね。路肩が駐車できないほど狭かったり結構傾斜がついてたりするんで危険です。

知り合いはオークランドから北へ小一時間いったあたりで星を観ようと車を走らせ、脇道に入りそこにいい闇を見つけて路肩に駐車したはいいけど、いざ帰るときにぬかるんでてスタックしてしまい、そのまま朝まで車内で待機して誰かが通るか助けを待っていたそうです。

ビーチは観測場所として適しているけど真っ暗なビーチは結構怖いもんです。見えない波の音てなかなかな恐怖感を覚えるし、怪しい人がいるかもしれないしと考えてると安心して観測してられないかもしれません。

じゃあどこにあるねん!?

となりますわな。

やはりそこは自己責任でいい空き地やビーチを探すしかないんですが、個人的におすすめなのはMatakanaやOmahaなどのオークランドから北へ1時間少しで行ける高級別荘地近くのビーチやファームのそばとかならいいかもしれません。ただ、不審者扱いされないようにもくれぐれもご注意を。

 

kuriken
1998年にNZ初渡航、以来何度もビジターとして訪れNZ移住の段取りを計画。 2007年に移住開始、かねてからの目的である調理師キャリアを開始すべく調理師学校入学、就職ののち2010年に永住権獲得。 現在も調理師としてオークランドのレストランで働いております。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。