フラックスウィービングに挑戦 後編

前編でフラックスウィービングに必要なHarakeke ハラケケ (ニュージーランドフラックス)を手に入れ、いよいよウィービング。

Harakeke ハラケケ は硬くて、横にはなかなか切れません。
が、繊維に沿って縦には簡単に割くことができます。

それを利用して、頂いた葉を同じ幅に割いていきます。

そして割いた葉をこんな感じに織り込んでいきます。

私は毛糸の編み物のセンスがあまりないんで
できるか心配してましたが、これは編み目が大きいのでわかりやすい!

10本×10本の正方形ができました。

今度は内側へ。

折り紙のような立体になってきて、織るのもちょっと大変。

言われるがまま、まだ余っている部分を内側へ向かって織り込んでいきます。

織るのも大変だし一体どんな形になるのか、、、。

全く想像できません。

6×6本の正方形が2つできて、解けないように洗濯ばさみで仮止め。

どうするのかなー? と思っていたら、びっくり!

あら?

あれ?

おー。 なんか、カゴっぽくなってるんですけど。

気づかぬうちに、ほとんどできてましたわ。

解けてるところをきれいに織り込んで

余ったところは生花に使う剣山を使って梳かして、飾りにしました。

完成!

 

初めてだったけど、自分ではだいぶうまくできたと思ってます。大満足。
帰ってうちに飾ろー!

と、思うところですが、、、

マオリのしきたりでは、第一作目は人に贈ります。

もったいないなーとちょっと惜しい気もしたり、
そんなに上手じゃないんだけど、、、という恥ずかしさもあったり

でも、また作ればいいしと割り切って
前にマオリ語を教えてくれた近所に住む
マオリのおじちゃんにあげることにしました。
カゴの中に日本のお菓子を詰めて。

喜んでくれた、、、と思います。

 

初フラックスウィービングは
マオリのしきたりについても知ることができて、良い経験ができました。

教えてくれたお友達に感謝です。ありがとうございました!

もし機会があったら、挑戦してみてくださいね。

 

 

クリハラ ユカ
ニュージーランドのオークランド在住。KIWIsh Jam Tourツアーガイド兼ドライバー&時々レストランのキッチンハンド。 ニュージーランドにハマったきっかけは大学時代のクライストチャーチでの短期留学。その時のことが忘れられず2011年にワーキングホリデーで戻ってきて、そのまま永住しています。 マオリ文化、コーヒー、NZの鳥や植物に特に興味があります。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。